埼玉県越谷市 こしがやミツバチプロジェクト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無王群の合同 と 継箱(つぎばこ)

無王になっていた群を、別の健全群へ、合同しました。
合同には、日本酒を使った「日本酒合同」という方法を用いました。

通常それぞれの群は、匂いの微妙な違いで自群と他群を識別しており、一緒にすると殺し合いをはじめてしまいます。そこで、霧吹きなどで日本酒を吹きかけ、この匂いを飛ばします。すると、ミツバチたちは一時的に識別不能に陥るので、その間に一緒にします。アルコールが揮発する頃には、お互いの群の匂いが混じり合い、そのまま混乱もなく一緒になってくれるという訳です。

合同の方法にはいくつかあるようですが、個人的にはこの日本酒合同が最も簡単で失敗が少ないと思います。

20130428_03.jpg
勢いの出てきた健全群では、写真のような巣(無駄巣)を作るようになります。
これは、蜂数が増えてきたので、巣(主に産卵や貯蜜スペース)を拡張したいというサインです。

20130428_04.jpg
無王群を健全群へ合同し、更に継箱(つぎばこ)を上げて2段にしました。

今日のように暖かく風も弱めな日は、花は蜜をよく吹きます。
そのためか、たくさんのミツバチたちが採餌飛行に出ていました。

スポンサーサイト

[内検] 04/28 新王の産卵開始

以前報告した新王が、無事に結婚飛行から戻り、産卵をはじめました。

20130428new_queen_comparison2.jpg
写真左: 出房したばかりの新王 (04/15 内検時)
写真右: 交尾後、産卵のために腹部が発達した女王蜂。

20130428_02.jpg
各巣房の奥にある白くて細長いものが、産み付けられた卵。
順調に増え続けて欲しいものです。

 | HOME | 

活動内容(カテゴリ)

記事の検索

活動記録(カレンダー)

03月 | 2013年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

お問合わせ

お名前/団体名:
メールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。