埼玉県越谷市 こしがやミツバチプロジェクト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉について

ミツバチは花の蜜だけでなく、花粉もたくさん集めます。

他の多くの蜂たちとは違い、肉食によってではなく植物由来のタクパク質をもとに身体を作る道を選択したミツバチにとって、花粉は幼虫の成長に欠かせない重要なタンパク源となっています。

また女王蜂の日常的な食糧であるローヤルゼリーも、生まれて間もない若蜂が花粉を食べて分泌することから、もとをただせば花粉が原料といえます。

通常、集められた花粉は巣房(六角形の部屋)の中に蓄えられ、順次幼虫や若蜂に与えられます。
ただし、そのままの状態で置かれている花粉は3日もすれば酸っぱくなり劣化してしまうので、すぐに使わない場合は「花粉のはちみつ漬け」にして保存しておくようです。

まったくの余談ですが、ミツバチの集めている花粉は我々人間が食べることも可能です。
栄養価が高いので、健康増進に良いようです(お値段も良いようですが^^;)。
ちなみに、食べた感じは「きなこ」でした(笑)。

20130309colourful_pollen_stored.jpg
【写真: 2013.03.09の記事より転載】
巣内に蓄えられたカラフルな花粉。
花によって花粉の色もさまざまです。
(光っている箇所は、貯蜜による反射)

スポンサーサイト

越冬後 春の立ち上がり

越冬後(越谷では越冬中も)ミツバチたちは、間近に迫る開花の季節に合わせて最大規模の群になれるように、せっせと新しい命を育てます。それは、次の冬を越えるのに十分なはちみつを蓄えるためです。
従って、越冬後の春の立ち上がりが、その群の命運を分けるともいえます。

20150305-01.jpg
こちらは掌ほどの弱小群。
それでも厳しい冬を乗り切り、少しずつ数を増やしています。

20150305-02.jpg
翻って、こちらは強群。
一段満群の状態で越冬を迎えたこともあり、桜の季節を前にして既に無駄巣を作りはじめています。
春の立ち上がりの早い群(=強群)は、開花時期に最大限の花粉や花蜜を収集できるようになるため、生き残る可能性も当然高くなります。人間にとっては、はちみつの増産が期待できます(*´エ`*)

20150305-03.jpg
こちらは上記強群の蓋。
この無駄巣のせいで蓋がガッチリとくっついてしまい、巣箱を開けるのに苦労するほどです。
無駄巣は、ミツバチたちの「蜂群規模をより大きくしたい」「巣を拡張したい」という欲求の表れであり、実際無駄巣ができるほどの群では巣箱内のミツバチの密度も相当のものになります。

 | HOME | 

活動内容(カテゴリ)

記事の検索

活動記録(カレンダー)

02月 | 2015年03月 | 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

お問合わせ

お名前/団体名:
メールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。