埼玉県越谷市 こしがやミツバチプロジェクト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【新聞記事】公邸養蜂 その2 収穫

以前ご紹介した公邸養蜂ですが、その後無事に収穫があったようです。
(↓記事をクリックして拡大)

20150914sankei.jpg
産経新聞2015.09.14
スポンサーサイト

【新聞記事】スズメバチの外来種

ミツバチだけでなく、人間への影響が懸念されます。
(↓記事をクリックして拡大)

20150912yomiuri.png
読売新聞2015.09.12

紫蘇(しそ)

大雨の後の秋晴れ。
ここ越谷でも、各地で冠水・浸水被害があったようです。
幸い、我らのミツバチたちには被害はなく、無事でした。

雨が続いたこともありますが、現在は蜜切れの季節。
普段はあまり採餌に訪れない花にもわずかな蜜を求めて働き蜂がブンブンとやってきています。

20150912.jpg
紫蘇の花の蜜を吸うミツバチ。
味は…ミントなどのハーブと系統が似ているのでしょうか???

スズメバチの少ない夏

今年の夏は、例年からは考えられないほどスズメバチ害がありませんでした。
雨の多い夏だったからでしょうか?

通常、お盆を過ぎた頃から連日のようにスズメバチがやってくるのですが、今のところ確認しただけでも2匹のみ。その2匹も、単体での飛来ためか働き蜂の迎撃にあえなく土に還りました。

西洋ミツバチは、日本ミツバチのような「熱殺蜂球」といった必殺技を持ってはいませんが、一方的にスズメバチの餌食になる訳ではありません。取り囲んで噛みついたり窒息させたり…という方法でスズメバチを撃退します(→参考記事)。
小さなミツバチたちの持つ「与えられた環境の中で生き抜く適応力と生命力」にただただ驚かされます。

 | HOME | 

活動内容(カテゴリ)

記事の検索

活動記録(カレンダー)

08月 | 2015年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

お問合わせ

お名前/団体名:
メールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。