埼玉県越谷市 こしがやミツバチプロジェクト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

養蜂具の整理

2段目を降ろし、巣箱を単箱に戻しました。
同時に清潔な清潔なものと交換しました。
これから越冬に向けた準備となります。

20151009.jpg
プロポリスでベタベタになった箇所を丁寧に掃除し、水洗いをしました。
天日でよく乾かしてから仕舞います。1年間、どうもありがとうございました。

スポンサーサイト

[書籍] 香りの扉、草の椅子

20151006book.jpg
萩尾エリ子『香りの扉、草の椅子』(地球丸)
※写真中央右: 「蜜蝋ハンドクリーム」のレシピとホウ砂の小袋。

本書は、先日のミツロウ講座の後で立ち寄った蓼科ハーバルノート・シンプルズで購入しました。

著者は病院のハーブガーデンづくりや、精神科医療における園芸作業・アロマケアを通じたボランティアなど、異業種にまたがる活動をされており、大変興味深いです。草木や自然に対するアプローチ、受け止め方、ライフスタイルについて考えさせられます。

ぎんのさじ ミツロウ講座に参加しました(2015.10.03-04)

今年も長野県は茅野市・車山高原にあるぎんのさじさんに行ってまいりました。
今回は初めての企画というミツロウ講座
前半と後半で講師の先生が異なる充実した内容でした。

1日目は「ミツロウとは何か」についてアマチュア養蜂家T氏からの講義。
ミツロウの作り方について実演を交えて学びました。
20151003-01boiling_beewax.jpg
屋外にて、鍋に入れたミツロウを熱で溶かして精製しているところ。


2日目は応用編のミツロウハンドクリームの作り方です。
私にとってはこちらが本命(*゚ー゚)
講師はハーバリストの萩尾エリ子氏(蓼科ハーバルノート・シンプルズ)。
20151004-01herbalist.jpg
ハーブのお話だけでなく、色・香り・効用・抽出方法などの周辺知識も絡めながらのお話。とても奥が深いです(*゚ー゚)
あっという間に、時間が過ぎてしまいました。

20151004-02herbalnote_simples.jpg
こちらは、蓼科ハーバルノート・シンプルズさん。
上記ハーバリストの萩尾エリ子氏のお店です。
ひっそりとして目立たないですが、講座の後に立ち寄った参加者は我々だけではなかったようです(笑)。中は「魔女の店」といった雰囲気で(ほめ言葉)、非日常的な不思議な空間にところ狭しとハーブが並んでいます。


<オマケ>
20151003-02honey_pudding.jpg
毎回チェックしていますが。。。
今回、夕食のデザートは、栗蜜のプリン(*´エ`*)
そのままだとクセの強い栗蜜も、プリンに使うと味に深みを与えます。
更にホイップクリームにはアカシア蜜を使用。なんというこだわり!

という訳で、盛りだくさんのミツロウ講座でした。

[ビーガーデン] ヘアリーベッチの播種

ひまわりが終わった後のビーガーデンに、ヘアリーベッチの種を播きました。
ヘアリーベッチを選択したのは、秋~春にかけての雑草の予防と来年初夏の蜜源確保が主な理由です。

20140428beegarden.jpg
トラクターを使い、耕うん~覆土までを行いました。
(写真: 2014.04.28の記事からの転載)

 | HOME | 

活動内容(カテゴリ)

記事の検索

活動記録(カレンダー)

09月 | 2015年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お問合わせ

お名前/団体名:
メールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。