埼玉県越谷市 こしがやミツバチプロジェクト

越冬後 春の立ち上がり

越冬後(越谷では越冬中も)ミツバチたちは、間近に迫る開花の季節に合わせて最大規模の群になれるように、せっせと新しい命を育てます。それは、次の冬を越えるのに十分なはちみつを蓄えるためです。
従って、越冬後の春の立ち上がりが、その群の命運を分けるともいえます。

20150305-01.jpg
こちらは掌ほどの弱小群。
それでも厳しい冬を乗り切り、少しずつ数を増やしています。

20150305-02.jpg
翻って、こちらは強群。
一段満群の状態で越冬を迎えたこともあり、桜の季節を前にして既に無駄巣を作りはじめています。
春の立ち上がりの早い群(=強群)は、開花時期に最大限の花粉や花蜜を収集できるようになるため、生き残る可能性も当然高くなります。人間にとっては、はちみつの増産が期待できます(*´エ`*)

20150305-03.jpg
こちらは上記強群の蓋。
この無駄巣のせいで蓋がガッチリとくっついてしまい、巣箱を開けるのに苦労するほどです。
無駄巣は、ミツバチたちの「蜂群規模をより大きくしたい」「巣を拡張したい」という欲求の表れであり、実際無駄巣ができるほどの群では巣箱内のミツバチの密度も相当のものになります。

スポンサーサイト



 | HOME | 

活動内容(カテゴリ)

記事の検索

活動記録(カレンダー)

06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

お問合わせ

お名前/団体名:
メールアドレス:
件名:
本文: