埼玉県越谷市 こしがやミツバチプロジェクト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビービーツリーの移植

昨年はちみつ蔵主催の「西洋ミツバチ養蜂講座」でT氏よりいただいた「ビービーツリー」の苗を、鉢に移植しました。
こちらもミツバチ同様無事に越冬。緑の新芽が出てきました。
もっと早くに移植すべきでしたが(笑)。

ビービーツリー(和名イヌゴシュユ)は、中国~朝鮮原産のミカン科の落葉低木で、夏に無数の白くて小さな花をつけます。蜜源が不足しがちな夏季に、およそ1ヶ月に渡って咲くため、ミツバチの貴重な蜜源とされることからその名が付きました。成長が早く、なんでも樹高は10mを超えるとか。
植える場所を考えないと、大変なことになりそうです。

20130315beebeetree01.jpg
無事に新芽を出してくれたビービーツリーの苗。

20130315beebeetree03.jpg
淡い緑の先端は、神々しいばかりです。

20130315beebeetree02.jpg
腐葉土・培養土を混ぜた鉢に移植します。
ポットの中で、ずいぶん根が成長していました。

20130315beebeetree04.jpg
無事、移植。
たっぷり水を与えて暖かい場所に置きます。

スポンサーサイト

 | HOME | 

活動内容(カテゴリ)

記事の検索

活動記録(カレンダー)

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

お問合わせ

お名前/団体名:
メールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。